OMORI考察まとめ

みんなOMORIやろうぜ

このブログの趣旨

警告:

このブログのすべての記事にはゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます。もしあなたがOMORIをプレイしていないのなら、直ちにこのページを見るのを止め、休息をとったのちにSteamでゲームを購入してください。

OMORI公式ホームページ

www.omori-game.com

Steamリンクはこちら

store.steampowered.com

 

 

 

 

 

 

 

 

2度目の警告:

 

このブログは「OMORI」本編を完全に攻略した人に向けた内容となります。少なくともいわゆる「サニールート」「ひきこもりルート」はそれぞれ攻略していることを前提としています(できればその他のサブイベントも全部見ていてほしい)。OMORIは膨大なボリュームをほこるゲームです。どちらか一方だけやり終えた、あるいは実況動画でストーリーを知ったという方も、もう一度あらゆる場面を探索し直してみてください。このゲームはそうするだけの価値があります。

そのうえで、ゲーム中でできることはもうやりつくした、あとはファンアートを探るか、だれかとこのゲームについて語るしかやることがないとなったら……

 

ようこそ、OMORI考察サイトへ。思う限り、この場所を探索してみてください。

ゲーム由来の元ネタについて

※このブログのすべての投稿にはゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます

 

OMORIが様々な作品からの影響を積極的に公表している作品だ、ということは以前に述べた。そして文学や音楽といったもの以上に、ゲームからの影響は大きい。「マザー」シリーズ、「ゆめにっき」については今更説明する必要はないだろうが、それ以外のゲームの影響も決して無視できない。

 

だが、ゲームの元ネタについて解説するのは、今まであえて避けてきた。それは私がゲームをあまりプレイしていないため、見逃していて解説できない小ネタが多数存在していると思われるからだ*1

また、実際に遊んだことがないゲームについて、元ネタを探したり考察を広げるのは非常に難しい。

*1:例えば、OMORIに影響を与えていそうなゲームとして(OMOCAT氏を含む)複数人が「ドラクエ」「キングダムハーツ」「ファイアーエムブレム」などの大作シリーズ、「Ib」「LISA: the Painful」「OFF」といったRPGツクールゲームの名前を挙げているが、私はこれらのゲームをプレイしていない。関連性について誰かが考察してくれることを期待している

続きを読む

Welcome Home.

※このゲームのすべての投稿にはゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます

f:id:comsoshirou:20210914113101p:plain

「ここが家でないなら、どこが家なのか?」

最近気づいた、考察というほどではないメモ書き。

OMORIは端的に表すならば「ホラーひきこもりRPG」だ。プレイヤーは選択によって「外に出て引きこもりを克服する主人公」「引きこもり続けゲーム中一度も外に出ない主人公」を選択することができる。だから"home"という言葉が作中何度も現れること自体に驚きはない。

 

だが、同時に気になるのは、ゲーム中では「道に迷う」「家に帰れない」という言葉が何度も出てくることだ。SUNNYは自宅のベッドで夢を見ているのであり、普通に考えれば迷子どころか家を見失うはずもない。

続きを読む

KEL その1 KELとHERO/PLUTO

※このブログのすべての投稿には、ゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます

 

 

「実は書かないでおきたい考察記事」第2弾。

特に"Every Kel meme is canon"「あらゆるケルのミームは公式設定だ」という言葉が流通しているKELについて、これが正しい!みたいなことを言ったらほとんど恥である。KELは何をしても良い。Orange Joeにまつわるジョークを飛ばすのもよし、あらゆる陰鬱な場面を突飛な行動でぶち壊してもよし、AUBREYにギャグ漫画パンチを食らって盛大に吹っ飛ぶもよし(これは本当の公式)

 

あるいは、

心の内では様々なことを考えているが、決してそれを表に出さないキャラクターだと考えるのも。*1

 

KELはゲーム中最も一緒にいる時間が長いキャラクターだが、彼が自分自身について語るセリフは非常に少ない。特にTHREE DAYS LEFTの午後、FARAWAY CEMETERYにおけるモノローグを見るのと見逃すのでは、彼の捉え方は激変するだろう。*2このイベントはKELについて考察する文章ではいつもベースとなっているし、いくつかのKELについてのファン作品やAlternate Universe(平行宇宙、物語のIfを追求する二次創作の総称)ではKELが闇を抱えている……特にHEROとの関係性について語られない「何か」が存在していることが前面に押し出されている。

 

 今回の記事では、なるべくKELについて言及されたイベントをまとめつつ、私なりの彼の気持ちの推測を述べていこうと思う。性質上、解釈違いが発生しやすい記事になることはご容赦願いたい。

*1:私は初回プレイのときKELが墓地で呟くイベントを見逃した。だが、実を言えば最初から「KELは決して自分の本心を話さないな」と疑いをかけていた。DDLCをプレイして以降、笑顔の絶えないキャラに対する読み解き方が変わったのも関係しているだろう

*2:ついでに言うと、英語圏の実況プレイのアーカイブを見ると毎回視聴者がKELの会話を見せようと執拗に誘導する事態が起こっているのだが、良いことではないと思う。あの会話は「見逃しやすい」ことに価値がある──私たちは常に友人達の本当の悩みに気づいてやれるわけではない、ということを実際に示している──からだ。勿論、実況者が口出しを禁止している場合は言うまでもない。

続きを読む

OMORIとフロイト/ユング心理学

※このブログのすべての投稿には、ゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます

 

タイトルの通り。

長らく「OMORIはフロイト心理学の観点から考察するべきだ」と思っていたし、実際何度か以前のブログ記事でも予告していたが……

 

さっぱりわからない。

 

フロイトの「夢判断」を読もうと思ったが普通に挫折した。書いている内容がふわっふわすぎて目が滑る。

ユングに至っては解説書読んでも「結局人間の意識が簡単にぐらつくってこと?」という理解以外ほとんど得られなかった。いやペルソナとシャドウだとかアーキタイプだとかいかにもな単語の解説はあったけど、それならわざわざ調べなくても知っているんだよ。

 

そもそも精神分析学自体今だと「ちょっと実験心理学と比べてあまりにもオカルティックで……」と敬遠されがちだ。ネット上のフロイトの扱いは「なんでもリビドーに結び付けちゃうセクハラおじさん」みたいな偏見が多いので、さすがに誇張かと思っていたが実際読んでみるとそう間違ってもいなかった。

 

「OMORI」は明白にフロイト的解釈を避けるように作られている。HEADSPACEで直接性的な要素を見出すことは非常に難しく(何と言ってもキスシーンに検閲が入るぐらいには潔癖だ)、またエディプス・コンプレックスと結びつけて語られやすい母親、父親は物語から排除されている。さらにフロイトの言う「夢は抑圧された性的欲求がゆがんだ形で再現される場所」という理論が、OMORIくんの無表情、受動的な行動のため実現されていない*1。OMORIにアタックしてくるのはAUBREY、MARIの方だが、彼がどうやらその好意に困惑しているらしいことが(特にAUBREYとのデートイベントから)分かる。

*1:もちろんフロイト的に解釈するならば「そのような夢の中でさえ抑制してしまうことがOMORIの性的欲求の抑圧の象徴で……といくらでも続けられるのだが、それはもうこじつけなんよ

続きを読む

OMORIとキリスト教のモチーフ

※このブログの全ての投稿にはゲーム「OMORI」についての重大なネタバレが含まれます

 

OMORIはアメリカのゲームである。そしてアメリカとキリスト教が建国以来切っても切れない関係である以上、OMORIを読み解くうえでキリスト教的なアトリビュート(各人物の象徴となるようなアイテム)や聖書に見られるエピソード、象徴に注目するのは当然だろう。*1

そもそもOMORIの根幹を支えているのが「罪の赦し」という非常にキリスト教的なテーマである。罪の告解はカソリックプロテスタント東方正教会などに関わらず、キリスト教における最も重要な要素の一つとして挙げられる……特に、法律による裁きではなく、良心、神による裁きを中心に据えているという点において。

*1:一応断っておくと、この記事において個々人の宗教/信仰について肯定的/否定的なことを言う意図は一切ない。また私自身は無宗教であり、それも了承のうえで読んでもらいたいと思う

続きを読む

OMORI小ネタ集(主に曲関連)

※重大なネタバレあり、ゲームを完全にクリアした後見るのを推奨

 

単独の記事としては書くほどではない、小ネタ、イースターエッグなど。

OMORI Fandom WikiYoutubeのコメントから拾った情報がほとんどです。

 

曲に関する小ネタ:

・OTHERWORLDに落ちているMessage in a Bottleの内容"When the moon hits your eye like a big pizza pie, that's _____." (各キャラクターの名前が入れられる)

f:id:comsoshirou:20210722210256p:plain

MESSAGE BOTTLE。

ディーン・マーティンが歌い、映画「月の輝く夜に」でも使われた「That's Amore」の歌詞が元ネタ。

youtu.be

ちなみに、歌詞から察するに正解は「that's OMORI.」

 

・ORANGE OASISにあるFOOD PYRAMIDの五階でCHICKEN?を倒したときに手に入る実績、"Ain't nobody here but us chickens."

ジョン・ホイットニー、アレックス・クレーマー作曲の同名曲から。ジャンプ・ブルースの名曲。

youtu.be

 

・IGLOOの中のPlastic FishにBatteriesを入れたときに手に入る実績、"Take me to the river!"

ソウル・シンガーのアル・グリーンが歌う同名曲から。

youtu.be

・OTHERWORLDのCLUB SANDWICH前でできるmoonwalkは、当然マイケル・ジャクソンのダンスが元ネタ。

 

・FARAWAY TOWN CEMETERYのある墓石を調べると、非常に小さな音でアニメ「CLANNAD」一期のエンディング主題歌「だんご大家族」のサビが流れる。C

youtu.beCLANADは人生

・NEIGHBOR'S BEDROOMのテレビを調べると出てくる、「There's a movie on TV. Four girls are perfoming a rock song for a festival.」というセリフ。

f:id:comsoshirou:20210722210546p:plain

違う可能性もあるが、恐らくアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」第12話の挿入歌「God Knows...」の演奏シーン。

 

8/10 追記:

REVERSE MERMAIDのFoe Facts!で見れるOMORIのコメント、"Fish a was I, wish I, wish I."

元ネタは1964年のアメリカ映画"「秘密兵器リンペット」より"I wish I were a fish"。魚に変身してしまった男の物語。

ちなみに戦闘画面で見られるコメント、"Up giving in lies weakness greatest our."は逆順に読むと、トーマス・エジソンの名言「私たちの最大の弱点は諦めてしまうことだ。成功するための最も確実な方法は、常にもう一度だけ挑戦することである。(Our greatest weakness lies in giving up. The most certain way to succeed is always to try just one more time.)」になる。

 

8/11 追記:

THREE DAYS LEFTでトゥルールートを進むと戦うことになるANGELとCHARLIE。二人の名前は恐らくTVドラマ/映画「チャーリーズ・エンジェル」から。

ちなみにCHARLIEの着ている、中にギザギザ模様が入った服は「ピーナッツ」の主人公チャーリー・ブラウンのものに似ている。

 

8/21 追記:

SWEETHEART'S CASTLEのTHE ROYAL GALLERYではBATLER MOLEたちがカラオケに行こうと相談しているが、そのうちの一匹がこう話す。

f:id:comsoshirou:20210821011657p:plain

"Don't Stop~"で始まる曲のタイトルはいくつか存在するが、おそらくQUEENの"Don't Stop Me Now"のこと。

www.youtube.comこの時代(2000年代初頭)karaokeって英語化していたっけ?と思って調べたがよくわからなかった…。でも80年代には北米にも広まり始めたという記事も見かけたからあったのかもしれない。

 

7/23 追記:

大事なものを解説し忘れていた。UNDERWATER HIGHWAYにあるレストラン"MUSTARD SUB"の元ネタはもちろんThe Beatlesの"Yellow Submarine"である。

f:id:comsoshirou:20210721222309j:plain

youtu.beただ、これについてはMother2/Earthboundに出てくる「イエローサブマリン」が直接のオマージュ先ではないかと思われる(どっちみち元ネタは一緒なんだけど)

 ちなみに、2014年のトレーラーにはSUNNYたち4人が横断歩道の上で踊る、「アビイ・ロード」のアルバムジャケットを連想させるシーンが含まれている。

 

7/25追記

SPACE EX-BOYFRIENDを倒したときにもらえる実績「See You, Space Boyfriend...」だが、「これってカウボーイ・ビバップの"SEE YOU SPACE COWBOY..."から来ているんじゃないのか」という情報が。

OST

 

・28番「YO DJ PUMP THIS PARTY」の元ネタは恐らくロブ・ベースのヒップホップ・ソング「It takes two」。

youtu.be後ろで流れている合いの手がそっくり。

 

・29番「Good for Health, Bad for Imagination」は大友克洋による漫画/アニメ映画「AKIRA」が元ネタ。同作に出てくる「健康優良不良少年」が"Good for Health, Bad for Education"と訳されたことから。

 

 

・87番「I Just Love The 50s!!!」、「俺はただ50年代(ソング)が好きなんだ!」

50年代に定番となった1-6-4-5というコード進行が繰り返される。代表曲はStand By Meなど。

ちなみに、「結婚式に乱入者が現れて花嫁をかっさらう」というのは有名なアメリカ映画「卒業」が元ネタ。まあSWEETHEARTとCAPT. SPACEBOYの場合ただの茶番でしかないけどな!!

 

・90番「Thrifted Tchotchkes」 、私訳は「倹約した飾り物」。

Kelの家庭状況を表す名前ととるべきか。後ろの見慣れない単語"Tchotchke"はイディッシュ語由来とのこと。

 

・103番「Gator Gambol」、意味は「跳ね回るワニ」といったところ。

GambolがGamble(賭博、ギャンブル)と発音が同じ。

 

・105番「Jawbreaker」とはアメリカでよく売られている非常に大きくてかたいキャンディー。違う色のガムの層が重なっていて、舐めると味が変わる。

「硬すぎて噛むと顎を痛める」ことから「顎壊しJaw-breaker」という名前が。同時にOMORI達が(Jawsを意識した)サメを倒すときのテーマでもある。

 

・106番GOLDENVENGEANCE、「黄金の復讐」。

PLUTOの姿やセリフに対して"JoJo Reference"と言ってるコメントをよく見かけるけど、そんなに似ているか……?まあ「黄金の精神」といえばジョジョだけど。

全然関係ないが、PESSIがFandom Wikiで男だと書かれているのに最初びっくりしたが、そういえばジョジョにも同名の男キャラがいたよなと後から思い出した。

 

110番Numbers」。反響する音の中、ドイツ語で数字を読み上げる少女の声が聞こえる。

元ネタはいわゆる「乱数放送」(スパイなどが暗号を送信するために用いたラジオ放送)。"The Swidish Rhapsody"というニックネームで知られるものは特に有名である。

youtu.be

 

 ・125番「BREADY STEADY GO!」はアメリカ英語で競争をするときの、「位置について、よーい、ドン!」の掛け声(READY, STEADY, GO!)から。
アニメ「鋼の錬金術師」一期のOP主題歌「READY STEADY GO」も同語源。

ちなみにunbredは「躾のなっていない、素行不良の」という意味の単語なので、UNBREAD TWINSの訳はさしずめ「パンクな双子」といったところか。

 

 

・OST137番、おそらくBLACK SPACE最大のトラウマであろう"Do you want to cut open MEWO?"の部屋で流れる「56-12-2」。

f:id:comsoshirou:20210722211624p:plain

CAS登録番号という化学物質を整理するため個別に割りふられる番号を指しており、対応するのはγ-アミノ酪酸(いわゆるGABA)。

脳内の神経伝達にかかわり、興奮を鎮める作用がある物質だが、プレイヤーの脳内は恐怖と罪悪感で落ち着くどころではない。

 

 

・OST140番「5ths」、題名の訳は「5度」。

音楽において音程の離れ方を1度、2度……と表すのだが、この曲では弦楽器のピチカートで5度の音程がずっと鳴っている。

ちなみに5度はヴァイオリンの開放弦を調弦するときの音程でもある。

 

 

・OST154番、HikikomoriルートでNEIGHBOR'S BEDROOMに到達したとき流れる「Playing Forever」。

NEIGHBOR'S BEDROOMにおいてこの曲が「永遠に演奏されている」とも、真実から目を背けることでHEADSPACEで「永遠に遊び続ける」ともとれる。

 

OST未収録曲

OMORIのサントラはかなり数が多いほうだが、それでも収録されていない曲がいくつもある。個人的には、ブラックジャックのBGM(「Last Resort」の8bit版)が好き。

 

 ・GINO's PizzaのJukeboxで聴ける曲をまとめた動画がYoutubeにあがってるのだが、そこに「DELVISH CD」(World's End Valentineのチップチューンカバー)の作曲者である"Lumena-tan"がコメントしている。(まさかYoutubeのコメント欄で裏話が聞けるとは思ってなかった)

youtu.be

コメントの要約

・もともとCDには題名とライナーノーツ(BLURBS)を書くことができたが、何らかの理由でカットされてしまった。ライナーノーツは上部のテキストボックスに表示されるはずだった。曲名はoggファイルのメタデータとしてのみ残っている。

・DEVILISH CDの正式な題名は「Sweetheart's Retro Raibu」。SWEETHEARTがアイドルであることを考慮してつけたタイトル。

・Lumena-tanが書いたライナーノーツ(拙訳)。「ちょっと違うかもしれませんが、"世界的なアイドル "のテーマがどんなものだろうと想像した時、私の心の中で響いていたのがこれです。もし彼女自身のクラブがあったらこんな感じで..…いや、彼女はクラブを開くようなタイプなの?」

・このアレンジにはVRC6というサウンドチップを使っている。イントロはわざと某有名吸血鬼狩りゲームに寄せたアレンジにした。「彼女は吸血鬼なのか?」

 

 ・FASHIONABLE MOMの家に行くと、息子のBILLY (STRANGE MAN、またはRECYCLEPATH)の部屋があり、そこのテレビから奇妙な曲を聴くことができる。

f:id:comsoshirou:20210721222308j:plain

BILLY (RECYCLEPATH)の部屋。

ファイル名は”xx_strange_radio_broadcast”。

随所で猫の鳴き声のようなノイズ(おそらく周波数合わせ)が鳴り、以下の曲が組み合わされている。

Last Resortの冒頭→Guitar Guyの歌 →不明な歌の一部 →BGMがない中モールス信号がずっと流れる→MAIN TITLE(ヴァイオリンヴァージョン)

ここで流れるモールス信号を一生懸命読み取った結果、得られた文章がこちら。

IT'STIMERECYYCLELET'SALLRECYCLEIT'SGOODTORECYCLERECYCLINGISGOODFORTHEENVIRONMENTRECYLCINGISACONCEPTWITHOUTRECYCLING,YOUARENOTHING

……。

なんだこれ?聞いた人をRECYCULTISTにする怪電波か何かか?

リサイクルとはいったい何なのか……。

ちなみに、この曲はBLACK SPACE 2 (Hikikomoriルートで解放される領域)でも聴くことができる。

8/29追記

RECYCULTIST'S HQのテーマ曲、”Recycling Really Is  A Concept"でも裏でモールス信号が流れていることに気づいた。さすがにこっちまで聞き取る気力はないので誰か解読してください(多分同じような内容だと思うけど)

 

謎-もう一つの花、ヒナギク(Daisy)-

 OMORIにおいて花が重要な役割を果たすことは、主要キャラクターに設定された6つの花(ヒマワリ、スズラン、バラ、グラジオラス、サボテン、チューリップ)やサギソウ“my thoughts will follow you into your dreams.”の存在からも示されている。*1それらほど目立たないが、非常に気になる役割を持っている花がDaisy (ヒナギク)だ。

例えば、

・HEADSPACEのFOREST PLAYGROUNDにいるDAISY(NEBに思いを寄せる少女)。PLAYGROUNDのキャラクターがみな現実世界の人やぬいぐるみをモデルに作られている中で、彼女だけ対応する人物が見つからない。

・BLACK SPACEのRAIN AREAで、鍵を見つけた後に残るヒナギク

f:id:comsoshirou:20210722205733p:plain

・BASILのテーマ曲、"A Home For Flowers"の副題に、"Tulip" "Empty" "Sunflower"と並んで"Daisy"がある。

そして一番気になるのは、

・NEIGHBOR'S BEDROOMの右側に六人の花が植えられているのだが、BASILの花だけヒマワリではなくヒナギクが植えられている。

f:id:comsoshirou:20210722205955p:plain

NEIGHBOR'S BEDROOMにて。右端の花に注目。

……果たして、DAISYとはいったい何を意味するのだろうか。

考察するうえでポイントになりそうなのは、Daisyの名前だ。その由来は"Day's Eye"であり、夜に閉じている花が昼間に開き、太陽の光を浴びることからつけられたという。

 

……このヒナギクが同じく「常に太陽のほうを向く」(BASILの言葉を借りれば、「いつでも物事の明るい面を見る」"always sees the bright side of things")ヒマワリの代わりに植えられている。非常に興味深い点だが、もうかなり字数が多くなってしまったので考察は控えることにしよう。

ちなみにヒナギク花言葉は「純粋・無邪気」だ。 

 

後記: 143

 OMORIマカロンの宣伝記事だが、「143」って何を意味するの?と気になって調べると、"I love you"の文字数をとって143と表したりするらしい。

ちなみに143という数字は直接ゲーム中には現れないが、例えばMARIのSOMETHINGが攻撃するダメージが143であったり、WTF値というランダムイベント発生のフラグになる数値がセーブファイル内で143番目のパラメータに書き込まれていたりなど、見えないところでひっそりと使われているようだ。

 

他にも小ネタ、面白そうな点が見つかったら、順次追加していく予定。

 

*1:私は知らなかったのだが、主にサギソウは東アジアとロシアに分布している花であるらしい。BASILくんがどこからこれを入手したのかは気になる